自分の子どもにあった「授業運び」を見つけよう!

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > ママが語るTalking Time体験談 > 自分の子どもにあった「授業運び」を見つけよう!

子どものお気に入りの先生の授業は楽しい!

―その子によってそれぞれ相性もありますし、この先生が絶対!というわけではないと思うのですが、一例として光士郎くんのお気に入りの先生はどんな授業運びなんでしょう? 少し様子を教えてください。

光士郎くんママ:
例えば…そうですね、では1人、とても明るく、子どもを発話させるように意識されているタイプの先生の例をあげてみます。わが子はレッスン開始後、すぐに集中できないのが悩みだったのですが、この先生は引き込み方がうまいんですよね。テンション高く、最初の挨拶でぐっと画面にひきつけると、そのまま導入を軽く済まさず、ギュッとレッスンに集中させていきます。先生によっては、回数が進んでくるとカリキュラムの最初の歌も歌わない場合もあるのですが、この先生は、毎回聞く内容を工夫しつつ、比較的テキストに忠実に毎回やってくださいますね。

本レッスンに入る前に、チラリと復習を取り入れつつ今日のレッスンにつなげるあたりはテクニックも感じます。例えば、本題のレッスンが「フルーツをテーマにした言い回しの練習」であっても、少し前にやった「好きな色」「好きな動物」などを出し、言い慣れている単語で練習してから本題に移ったり。テキストに沿いながらも、ちょっと臨機応変にアレンジしてくれているあたりが、母目線で言うと「上手だな~」と思う部分です。

1つクリアしたらハイタッチしたり、逆に、少しリピートが多くなった時(発音はしっかり直されるんです)は、気持ちを切り替えさせるために、立ったり座ったり少しだけ体を動かすアクションを入れたり。たまに、「スマイル~!」と言って、向こうの画面をキャプチャして送ってくれたりするから子どもも大喜びです。

―岬ちゃんの場合はどうですか?

岬ちゃんママ:
我が家はまだそこまで客観的に見るほど私も慣れていないのですが、逆に私も一緒にレッスンを受けているので、先生を選ぶ時の真剣さは娘以上です(笑)。授業のやり方や雰囲気を知るために、とにかく皆さんのレビューを見ますね。「ゆっくりと丁寧に教えてくれる」というコメントが入っている人を選ぶようにしています。最初、英語を好きになってもらいたいので、寄り添い感重視です!

なるほど、お子さんの現在の様子によっても、相性の合う先生の定義が違ってもきますよね。こんな感じで先生との出会いを見つけるのもまた楽しさの1つと捉えていただいて、お子さんと「今日の先生、どうだった?」と話を広げていただくのも、レッスン後のお楽しみにしていただけたら幸いです。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
株式会社QQEnglishのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスと株式会社QQEnglishの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
株式会社QQEnglishのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスと株式会社QQEnglishの共同事業です。