毎日使える!「have」

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > 毎日使える!「have」

“Thank you for having me!”これ、どういう意味かわかりますか?
「私のこと、持ってくれてありがとう…??」お姫様抱っこされている図が思い浮かんでしまったら(笑)…必見です!

0106-4

「have」=「持つ」から脱却! 英語環境で毎日使う、毎日出会う「have」

 

こんにちは、Mikoです。
以前に、友人から聞いた話をひとつご紹介したいと思います。
海外旅行中、レストランにて。
隣のテーブルに座っていた人から、”What are you having?”と聞かれたそうです。
友人はとっさに、「私のバッグのこと?それとも、このカメラのこと?」と考えたと…。

「have」=「持つ」で、「あなた、何持ってるの?」という不思議な質問になってしまったわけです。

でも、この場面では、「何を食べてるの?」だったんですね。
きっと、この方、「美味しそうだね、何食べてるの?」と注文を決める際に参考にしたかったんでしょう。

そうなんです、「have」を「食べる」、という意味で使って、
“Did you have lunch?”(お昼食べた?)とか、
“What do you want to have for dinner?”(夕飯に何食べたい?)
というふうに言ったりするんです。
こんなふうに、今日は、日常会話で絶対必要!な「have」を使ったフレーズを紹介したいと思います。

 

“Have a nice day!”

 

まず、思いつくのは、やっぱりこれ!です。
ご近所さんや友人との別れ際、お店やレストランのお会計後、どこでも毎日出会う
“Have a nice day!”
「良い1日を!」という意味のあいさつです。

 

これを基本にして、いろいろなバリエーションをつけてあいさつすることができます。
niceをかえて“Have a good day!”になったり、
学校帰りくらいの時間だったら、“Have a good evening!”になったり、
金曜日だったら、“Have a great weekend!”(よい週末を!)になったり。

 

私はこのあいさつが大好きです。
“Bye!”よりも、相手への思いやりを感じるし、言っても言われてもとても気持ちのいいあいさつです。

 

“Have fun!”

 

楽しいことを持ってね!というニュアンスから、「楽しんで!」という本当によく使う表現になります。
パパママが、子供を学校に送り出す際も“Have fun!”
今日も1日楽しんでおいで!という意味を含めて、「いってらっしゃい!」のニュアンスですね。

ちなみに、「楽しむ」と聞くと、まずは、「enjoy」を思い浮かべる方も多いと思います。
ですが、会話の中で聞く「楽しんで」は、圧倒的に“Have fun!”です。
文法的なことに少し触れてみると、「enjoy」のあとには、何を楽しむのか、の目的語が必要なんです。

なので、「enjoy」を使って「楽しんで!」は、“Enjoy yourself!”となります。

日本語的感覚だと、「自分自身を楽しんで」となり、ちょっと馴染みにくいかもしれませんね。

もし、具体的に「旅行を楽しんできてね!」などと伝えたければ、“Enjoy your trip!”となりますし、

レストランなどでは、ウエイターやウエイトレスの人が食事を運んできてくれた際に、

“Enjoy your meal!”(食事を楽しんでね)と言ってくれることがよくあります。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。