snapcrab_noname_2016-12-22_19-46-32_no-00

『PPAP』のPの発音に情熱とパーティ感を足すと…どうなるの?

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > 『PPAP』のPの発音に情熱とパーティ感を足すと…どうなるの?

ピコ太郎さんの英語発音の先生が登場!?

 

有名アーティストだけでなく,子どもにも大人気の『PPAP』。今年の紅白出場も決定し,台湾など海外進出も果たしたピコ太郎さんに,英語発音の先生が現れた模様だ。

 

「ペンパイナッポーアッポーペン~アップル、ペン、パイナップルのPの発音に情熱とパーティ感を足してみた~」

 

あのメロディにのせて歌いはじめるピコ太郎さんに”Cut!”とダメ出しをする声が。もっと情熱(Passion)を,もっとプリティ(Pretty)に…と”P”でいじられるピコ太郎さん。英語の発音を意識した「PPAP」にOKが出た瞬間,歓喜するピコ太郎さん。発音にさらに自信をつけこれからさらにグローバルに活躍してくれるかも!?

 

この動画でピコ太郎さんに英語の指導をしていたのは英語学習AIロボット「Musio X」。SoftBank C&Sが2017年春から販売する,ロボットと英語での会話を楽しめる英語教材だ。視覚認識や持ち主との会話を学習することによって,自分で考え感情表現をしてくれるという。初心者でもタッチペンで会話が楽しめる機能などもついているが,ピコ太郎さんの動画を見ると「PPAP」指導プログラムはまだ搭載されていない様子。

これからどんな機能が追加されるのかも楽しみだ。

 

「Musio」公式サイト

https://themusio.com/index.ja.html

snapcrab_noname_2016-12-22_19-46-32_no-00

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

現在表示する記事がありません

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。