「この先生だ!」相性の良い先生って、どうやって探した?

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > 「この先生だ!」相性の良い先生って、どうやって探した?

Talking Timeの体験談をお聞きする中で、比較的長く、定期的に続けているご家庭にお話を聞くと、必ず「お気に入りの先生」の話題が出てくるもの。この「お気に入りの先生」は、一体どうやって見つけるものなのか?実際どんな先生なのか? 今回は、実際にお気に入りの先生がいるからこそ続いているという小学校2年生2名のママにお話を伺いました!

161207-3

先生選択の際の条件検索は、結構大事!

―みなさん、Talking Time歴と、普段の英会話環境などの簡単な自己紹介をお願いします。

隼人くんママ:
うちは普通の英会話の習い事から切り替えて、そろそろ1年になりますね。 最近は本人もそうですが親もこの雰囲気に慣れ、比較的安定して取り組ませてもらっています。

 

まゆちゃんママ:
全くの初心者でスタートしてもう8ヶ月です。実は親も何十年ぶりかの英語でしたので、正直まだSkypeの呼び出し音に慣れませんが笑、娘は自分から決めた時間になると自然に座るくらい定着しました。

―お2人とも、最初から順調だったんですか?

まゆちゃんママ:
いえいえ、我が家は実はとっかかりでつまずきました。最初の頃、まだ先生の基準のようなものやレビューなど、私自身が使いこなせなかったんです。とりあえず時間だけ優先してしまったのが間違いで。Talking Timeには、先生を選ぶ際にあんなにたくさん絞り込むキーワードがあるのに、よりによって初回、何も考えず、しかも男性の先生にしてしまったんです!

―あ、女の子は、ちょっとタイプによっては男の先生が苦手な子もいますよね?

まゆちゃんママ:
まさに…まゆがそうだったんです。怖がるから先生もどう扱っていいか分からない様子で。今考えるとポイントも低めだったので、先生になり立てだったんだと思います。娘にも先生にも申し訳ないことをしたなと苦笑。せっかく始めたのに、最初挫折してしまっては…と、その次の回では、予約はしっかりとキーワードで絞り込み、かつレビューも読み込んで決めました。

 

隼人くんママ:
分かる!というか、私は自分自身がかなり緊張していたから、逆に最初はランダムに指名なんてできなくて、本当に絞り込んで2日くらい悩んで、ようやく決めたくらい笑。「ベテラン教師」「キッズ向け」「初心者向け」「女性」と、ほぼこのあたりのキーワードは全選択で絞り込んだかな!おかげさまでうちの子は比較的最初の頃から先生には恵まれて、スタートはスムーズでした。

―なるほど、キーワードに沿って絞り込まれた方であれば、最低限の条件はクリアということですね。逆にそこまでやって当たった先生全員と相性がいい訳でもないんでしょうか?
161207-4

隼人くんママ:
そうなんですよ!これが、やはり人なので笑。「やっぱり『合う』『合わない』があるんだな」と感じたのは数名を経てから。
例えば、どの先生も間違っている発音はきちんと指摘し、できるまで優しくリピート練習してくれるんですが、その練習のさせ方ひとつとっても違いますね。レッスン全体を通して、何となく正しい感じの発音ができればOKよ!というタイプの先生と、その場その場で絶対完璧な発音にしたい先生なら、うちの子は断然前者の先生が良さそうです。

 

まゆちゃんママ:
分かる!先生によって、褒め方ひとつ、25分の時間配分の区切り方ひとつが全然違うよね。うちの子は、自分自身テンションがあまり高くないせいか、ノリが良すぎる先生が苦手みたいなんです笑。トーンは一定で、でもレッスン運びというかテンポがいい先生と合うみたい。どうやって分かるかと言われたら、一目瞭然なことはもちろん、子供が「次もあの先生がいいな」と伝えてくれるはずなので、すぐ分かりますよ!

 

相性のいい先生との出会いが続ける秘訣

―なるほど、では2人とも大体先生は決まっているんですか?

まゆちゃんママ:
はい、決まっています。うちの子の場合は、だいたい3人くらいの先生をその時々の予定などにもよるのですが、うまくはしごしています。

 

隼人くんママ:
うちも決まっていますね。我が家はメインの先生1人にしていて、その先生がいなかったときに振り分けるもう1人の先生がいます。こちらが「合うな」と思うと不思議なもので、先生同士も仲がよかったりもするんです。このあたりは人間ですからね、むしろ私たちと一緒ですよね。

―ちなみに、やっぱり先生は大事ですか?

隼人くんママ:
むしろ先生が大事です。カリキュラムは良いですし、先生それぞれのレベルや教育もしっかりされているのはよく分かったんですが、例えばうちの子が全く合わない先生と続けられるかと言えば、おそらく続いていません。 学校も仕事もここは一緒で、相性がいかにいいか、そこを最初のうちに探してあげることが唯一親がやってあげられることかもしれませんね。

―経験談に勝るものはないですね。ちなみに、お2人ともに、絞り込んだ上で、10人いかないくらいで大体の相性が分かったということでした。相性が良ければ友達感覚で続くというのも、ある意味納得。もしちょっと行き詰っている方がいらっしゃったら、トライしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。