0922-1

メリットとデメリットを知って 紙の辞書・電子辞書を使い分けよう

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > メリットとデメリットを知って 紙の辞書・電子辞書を使い分けよう

語学の学習には辞書が欠かせません。意味がわからない単語に出会ったら、辞書で調べて記憶にとどめることが語彙力アップに不可欠です。英和辞典を持つなら、紙の辞書と電子辞書ではどちらが学習にふさわしいのでしょうか。今回は2つの辞書の特徴を比べます。

 

こんにちは! T子です。
本格的な英語学習に備えて、辞書の購入を考えている人もいるかもしれません。プロとして英語に関わる仕事に携わっている人たちは、「紙の辞書を買ったらいいか」「電子辞書を買ったらいいか」とよく学習者から相談を受けるそうです。紙の辞書も電子辞書もそれぞれの良さがあるので悩んでしまいますね。

 

紙の辞書・電子辞書のメリットやデメリットは?

まずは、2種類の辞書のよい点・よくない点を見ていきましょう。

2つの辞書のメリット

では、紙の辞書と電子辞書の特徴や便利な点を比較してみましょう。英語辞書を引いたことがある人は、ご自身が感じた使い勝手も思い出してみてください。

紙の辞書の主なメリット
・1つの単語に対して、ひと目でたくさんの意味や用例を一覧できる
・語法、類語解説、熟語なども一緒に確認できる
・前後に掲載された、スペルが似た単語も一緒に目に入る
・電子辞書より安価で手に入れやすい

電子辞書の主なメリット
・スペルをすべて入力しなくても調べたい単語にたどり着ける
・音声機能で発音を聴いて確認できる
・履歴で過去に調べた単語をまとめて復習できる
・英語以外のコンテンツも収録していて便利
・軽く、かさばらないので持ち運びがラク

0922-1

2つの辞書のデメリット

一方、使いやすい面があれば不便な点もあります。それぞれの英語学習の目的や勉強スタイルにもよりますが、比較的不自由に感じやすいのは下記のような点です。

紙の辞書のデメリット
・重くかさばるので持ち運びがつらい
・音声機能がないので発音の確認は発音記号のみ
・知りたい単語にたどり着くのに時間がかかる

電子辞書のデメリット
・紙の辞書に比べて値段が高い
・用例が別表示のことが多いなど、一度に見られる情報量が少ない
・調べたい単語を最後まで入力しなくても候補が出るので、正しいスペルが身につきにくい

学習シーンを想像して選ぼう

0922-2

上では2種類の辞書の使いやすい点、不便に感じる点を整理しました。正反対の特徴もありましたが、それぞれがどのような学習にマッチするかも見えてきたのではないでしょうか。

紙の辞書はこれから知識を蓄積していく人に向いている

紙の辞書のメリットとして、「1つの単語に対して、ひと目でたくさんの意味や用例を一覧できる」「語法、類語解説、熟語なども一緒に確認できる」などがありました。これらインプットを助ける効果は、まだ英語学習がそれほど進んでいない人に向いていると考えられます。

電子辞書はある程度の英語力があり、ピンポイントで調べたい人に向いている

一方、学生時代に語彙力など一定の英語力を身につけ、日常会話やビジネスの基本的な会話では困らない人、TOEICの勉強のためだけに辞書が必要、もしくは海外旅行の期間だけ辞書の出番がありそうな人には電子辞書が向いているかもしれません。
通勤中の電車の中で勉強する人などは補助的に電子辞書を持つと便利です。

子ども向けの辞書にはどんなものがある?

お子さんへ辞書の購入を検討している方もいるのではないでしょうか。ここでは小学生が使いやすい辞書をご紹介します。

こどもが楽しく学べるイラスト付きの辞典

小学生向けには、単語を引くのがわくわくするようなイラスト付きの辞典がオススメです。たとえば、学研の『レインボー英和・和英辞典』は、オールカラーで、ほぼすべての単語にイラストが付いています。身近な用例を掲載していますので、自然な英語表現を身につけられます。おなじみの英語の歌や、日常会話を収録したCDも付いているので、英語のリズムを身につけるのにも便利です。

英語学習が進んでいるお子さんには、『ジュニア・アンカー英和・和英辞典』がオススメ。こちらもイラストを豊富に使い、図版や囲み記事を含めて楽しく学習できる工夫が施されています。中学生まで使えますよ。

辞書を購入する前に、どんな状況で、どれくらいの頻度で使用するのかを想像し、お子さんやご自身にぴったりの辞書を選んでください♪ お子さんが自ら辞書を引く習慣がついて、オンライン英会話のテキストの単語などを自分で調べられるようになったら頼もしいですね!

0922-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。