1003-1

生きたコミュニケーションが身につく“英語村”ってなに?

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > 生きたコミュニケーションが身につく“英語村”ってなに?

英語を、外国人との会話を通してアウトプットする場のひとつに、「英語村」があります。英語村とはなんなのか? 子どもたちが英語を楽しく話せる新たな環境に光を当てます。

 

こんにちは! T子です。

 

いま、日本の子どもたちの英語教育では、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を伸ばし、積極的にコミュニケーションができるようになることが重要とされています。でも普通の学校の生徒が実際に外国人とコミュニケーションを取れる場はまだまだ少ないのが現状。そこで期待されているのが、国内にいながらリアルな場面設定でコミュニケーション能力を高められる「英語村」という施設です。東京都が平成30年9月までに開業を目指す新しい英語村の立ち上げに、この「Talking Time」をお届けしている学研ホールディングスをはじめ数社が選ばれました。まだ耳慣れないこの英語村とは、いったいどんな施設なのでしょうか♪

 

そもそも英語村ってなに?

 

英語村とは、国内にいながらにして外国とほぼ同様な環境をつくり、その中で英語学習を行うことが可能な施設です。主に民間によって運営されていて、国内では大阪府にある「Osaka English Village」「近畿大学英語村」、福島県にある「ブリティッシュヒルズ」などが挙げられます。

村の中では、原則英語のみをコミュニケーション言語とし、外国生活を疑似体験します。

 

英語村ではどんなことができる?

 

各施設によってコンセプトやプログラム内容はさまざまですが、例えば、「Osaka English Village」はアメリカを彷彿とさせるつくりで、レストラン、エアライン、銀行、テレビ局、ハリウッドなどをイメージした、シチュエーションルームがあります。子どもをはじめとする利用者は、ここから体験したいシチュエーションルームを選びます。

ルーム内では、ネイティブ英語講師とともに、それぞれの場面でよく使用される英単語や英語表現を学び、そのあと実際にその場面を英語で体験できます。T子も一度行ったことがありますが、観光バスのプログラムでは、会話を通してニューヨークの有名な観光名所について教えてもらったり、観光名所のクイズなどを出してもらったりして、実際にニューヨークに旅行してみたい!と思いました。

 

英語村のすごいところ

 

英語村での体験は、自分の英語力を知るとともに、英会話に慣れ親しむ良い機会となり、その後の学習意欲向上にもつながります。普段の教室とは異なった場面で体験型のレッスンが受けられるので、先生とコミュニケーションを取りながらその場面に合った生きた英語表現を身につけられるところがメリットです。

 

東京の英語村に求められる機能って?

 

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会の開催と、その先を見据え、「世界一の都市・東京」の実現を目指す東京都。教育分野においても、その目標に向け、国際社会で活躍できるグローバル人材の育成やオリンピック・パラリンピック教育の推進などの取り組みがすでに開催されています。

一方、「世界一の都市・東京」を目指すうえで、日本人のグローバルなコミュニケーション能力には大きな課題が見られます。例えば、日本のTOEFLスコアランキングは、アジア圏30か国中27位(H26年)となっています。

国が目指すグローバル人材には、「読む」「書く」「聞く」「話す」英語力にとどまらず、「英語を使って積極的にコミュニケーションする態度」「日本人としてのアイデンティティ、豊かな国際感覚などを身につけること」が必要とされています。しかしながら、子どもたちの日常生活において、学校以外で英語を用いたり、様々な外国人と接して異国の文化や考え方を知るような機会は多くありません。英語村にはそうしたギャップを埋め、勉強が楽しくなるような機能が求められています。

 

学研ホールディングスをはじめとする5社のグループが最優秀事業応募者に選ばれる

 

今回、最優秀事業応募者に選定されたのは、株式会社学研ホールディングス、株式会社市進ホールディングス、株式会社エデューレエルシーエー、一般財団法人英語教育協議会(ELEC)、株式会社博報堂のグループ。今後の英語教育において重要性が高いと考えられる内容統合型学習(CLIL)アクティブ・ラーニングという考え方を軸に全体を通して統一感がみられる点などが評価されました。

江東区青海に開設が予定されている東京版の英語村。名前も、実際に体験できるプログラム内容もこれから詰めていく流れになりますが、TALKING TIMEの英語ニュースでも随時取材していく予定なので、お楽しみに。

 

※内容統合型学習(CLIL)…Content and Language Integrated Learningの略。英語を英語として勉強するのではなく、例えば算数、理科などの教科を英語で勉強する手法。英語を学習手段として用いるところに特徴がある。

※アクティブ・ラーニング…生徒がより主体的に学習、授業への参加できる学習法。体験学習や調査学習を通したりグループワークやディスカッションなどを多用して学習内容を能動的に身に付けていく。

 

今回のニュースについては、下記URLより詳細の確認が可能です。

東京都ホームページ

東京版英語村開設について<報告>

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2016/pr160328/besshi5.pdf

「英語村(仮称)」最優秀事業応募者の決定 

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/09/30/05.html

1003-1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。