【トーキングタイム体験談】時間があいても大丈夫

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > 【トーキングタイム体験談】時間があいても大丈夫

家でできるオンライン英会話。時間の縛りもなく、自由な時間にできることを理由に選ばれてる方も多いと思いますが、日々に追われてついつい間が開いてしまうこともありますよね。

そうなると、自然消滅…なんてことになりがちですが、それで諦めてしまうのはもったいない!

今回は、3ヶ月ほど間が開いてしまった後再開したというKちゃん小学校2年生(7歳)のお母さんにお話を聞きました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

―Kちゃん、2学期はかなり学校行事に追われていたということで、かなり間が開いてしまいましたね。

 そうなんです。

運動会から始まって、秋の音楽祭、クラス行事やピアノやバレエの発表会など行事のオンパレードで、家で宿題をやるので精一杯という時期が続いてしまって。

当然ですが1年生の時よりも普段の勉強もちょっとずつ難しくなっているので、日々親子共々試行錯誤しているうち、以前は週1回は続けていたTalkingTimeに全く頭がいかなくなってしまったんです。

―実際、そうスケジュール通りに動けないこともありますもんね。似たようなお悩みを持つ方も多いと思います。それで辞めてしまう可能性もあったと思うのですが、再開されたときの状況はどんなものだったんでしょう?

正直、私もちょっと諦め気味ではあったんです。

でも、ここで辞めてしまっても、じゃあ英会話教室に通うか?といわれると、それはスケジュール的にももっと難しい。

英会話との接点をゼロにしてしまうのは、せっかくやってきた土台もあるし、勿体ないなと思ったんです。

そこで、11月の学校行事が終わった後、思い切って時間を作りました。正直、子供の反応に不安もありましたが…。

―実際のお子さんの様子はいかがでしたか?

それが、びっくりしたんですが思った以上にブランクを感じることもなく、かなり普通にレッスンしていたんですよ(笑)。

多少反応が遅いな、という部分はありましたが、感触からすると、最初の5分くらいを過ぎる頃には、3ヶ月前とそう変わらない集中力で取り組むことができたんです。

とはいっても、実は、久しぶりだったので、前々から体験談でも読んでいた「リクエスト機能」で、先生の予約を取るときに、「食べ物」パートを指定させてもらいました。

興味のあるものにしたのは正解でしたね。久しぶりだったからこそ楽しかったのもあると思うのですが、ちょっとわが子ながら感心してしまいました。

―多少ブランクがあっても辞めてしまうよりは続けてみる価値はありそうですね。

 はい、そう思いましたね。

うちの子の英語歴は1年ほど、本当にこのレッスンだけなのですが、英語の雰囲気に慣れるという意味では今までの蓄積もしっかりあるんだなと実感した瞬間でした。

なんとなく間が空いてしまうと、親の方が面倒くさくなってしまいがちですが、子供は大人の感覚値以上に、柔軟に対応できるものなのかもしれません。

タイプにもよると思うのですが、もう自分から嫌になってしまっているということでなく、単純に忙しかったという理由で間が開いてしまったのであれば、変に諦めてしまう前に一度トライしてみてからでも遅くないと思います。

この経験をしてから、できる時にはマメに予約をし、忙しいときでも、私自身が心がけて最低でも1ヶ月に1回だけはやろう、と目標を決めて取り組むようになりました。

 

―確かに年齢があがるほどに、ほかの勉強も習い事も増えてくるかと思いますが、その中でも無理なく続けることに価値がありそうです。

ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
株式会社QQEnglishのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスと株式会社QQEnglishの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
株式会社QQEnglishのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスと株式会社QQEnglishの共同事業です。