【アメリカママ】こんなに違う日本とアメリカ「Play date」

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > 【アメリカママ】こんなに違う日本とアメリカ「Play date」

 知っておくといつか役立つ!

      日本とアメリカで違うplay dateの際の「常識」

 

 

こんにちは、Mikoです。

 

こちらでは、学校以外でのお友達とのお遊び会のことを、Play dateといいます。

デートと行っても、二人である必要はなく、グループでのお遊び会のこともこう呼びます。

学校後、習い事や用事がない日は、私は、このPlay dateを積極的にセッティングするようにしています。

そうすることで、子供たちは、よりお友達と仲良く、学校も楽しくなり、私は、パパママたちとの距離がググッと縮まるのを感じます。

そして、そうしていくうちに、play dateのお誘いもたくさん受けるようになり、日本での「普通」が普通ではない、常識の違いに気がついてきました!!

<日本のお遊び会>

子供と一緒にママもお邪魔することが多い。

特に公園などで遊ばせる場合には、ママも一緒、ほかのママに任せて自分は帰る、ということは稀。

お誘いを受けた方がおやつなど手土産を持っていくことが多い。

何時まで終わるという事前指定がほとんどなく、長引くことが多い。

片付けもせず、自分たちだけ先に帰ることは気がひけることも。

帰ったあとには、ありがとうメール。

<アメリカでPlay dateに誘われた場合>

子供をDrop offすることが多い。

ちなみに、Drop offとは、子供だけを置いてくること。

(もちろん、子供が小さいうちは一緒にいるが、Drop off し始める年齢が日本より早い、4歳くらいからが多いでしょうか?)

手土産はほとんど持っていかず、おやつは呼んだ側が用意する。

Play dateの設定のタイミングで、2時〜4時で、というように終わりの時間も指定。

大体2時間程度のことが多い。

ママが一緒にいたとしても、みんな決まった時間でサクッと帰る。

おもちゃ類など片付けをして長引くよりは、そのままでもサッと帰る方が迷惑をかけない、という感覚。

帰った後の、ありがとうメールは基本なし。

日本のママとのやりとりではよくある「片付けもせず、帰ってきちゃってごめんね!」という一言。

アメリカでは聞いたことがありせん。

(ちなみに、家族で招待を受けたディナーなどは別。お礼メールをします。)

 

ちなみに、「ママ」とは限りません。

パパがplay date を設定してくれることもありますし、公園やplay dateの送り向かえ時にもパパに会う機会は驚くほど多く、私もおしゃべりするパパ友がたくさんいます!

それから、こちらは、baby sitter (または、nannyといいます) 文化が根付いいているので、パパママは仕事でいないけれど、お家にベビーシッターさんがいてくれて、play dateをするということもしょっちゅう。

play dateの送り迎えもベビーシッターさんということも多いです。

ちなみに、公園に行くと、子供を遊ばせている大人のうち、半分はベビーシッターさんという印象です。

 

アメリカに来たての頃は、play dateのお誘いを受けると、子供に手土産を持たせていたが、だんだんアメリカ式に慣れてきて、最近は持っていかなくなりました(笑)。

アメリカは、呼んでもらった時は、素直に甘えるし、逆に呼んだ時は、おやつも用意。お互い様といった感じです。

そして、終わりの時間は守ってサクッと!さっぱりのイメージ。

 

 

そうは言っても、子供はもっと遊びたい!Dinner一緒に食べたい!なんてなることも当然あります。

そんな時に、また発見するさらに面白い日本とアメリカの違い。

うちで預かっていたお友達と娘がDinnerを一緒に食べたいというので、今日はいいよ〜と思った私は、お友達のママに連絡。

うちでご飯、食べさせるけどいい??と。

日本人的感覚だと、返事は、「急にいいの?申し訳ないよ〜。でも本当に大丈夫なら、ありがとう!!」といった感じでしょうか?

アメリカ風には、これです。

「Sure! Have fun!」(もちろん!楽しんで!)

です(笑)

こちらでは、遠慮とか空気を読むとか、建前とか、、、ややこしいことが少ないので、食べてっていいよと言ったら、それは、いいってこと。

だから、よろしく!ってことなんです。

なので、逆にこのようなお誘いを受けた時には、遠慮なく、ありがとう!

とお願いするようになりました。

でも、Have fun!は私の感覚では、どうしてもしっくりこず、使えません(笑)

 

最後にひとつ、丁寧にやんわり、お誘いをするときに便利なフレーズをお教えしたいと思います。

「I was wondering if….」です。

もしよかったら、⚪⚪ちゃん、遊びに来れたりするかな〜と思って。といった感じです。

◾ I was wondering if ⚪⚪ would like to come for a play date.

◾ I was wondering if ⚪⚪ would be available tomorrow for a play date.

ちなみに、ここに出てくるavailable。都合がいい、予定が空いている、という意味です。I’m free ともいいますが、I’m availableという表現の方がよく出てきます。

 

この「I was wondering if….」は、日本人の感覚に近い単刀直入すぎない表現で、お誘いだけでなく、何かお願いするときなど、一度慣れるといろいろな場面で使いやすいと思います。ぜひ、使ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。