幼児向け英語デイキャンプって実際どんな感じなの?

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る
学研の子供オンライン英会話TalkingTime > 英語&教育ニュース > 幼児向け英語デイキャンプって実際どんな感じなの?

デイキャンプ参加のきっかけは海外赴任

 

-最近、初のデイキャンプ体験をされたということですが、前々から興味があったんでしょうか?

 

そうですね、普段から英語は週1回、近くの英語教室に通っているのですが、実は9月から主人が海外に赴任することになりました。そうなると、やはり子どもたちにも、生きた英語の環境に慣れさせておきたいな、という目標もあり、たまたまママ友からも誘われたので、参加してみました。

 

-具体的にどんなプログラムだったのか教えてください。

 

参加したのは、長男(小2)と次男(年長)です。いきなり長時間は難しいかな、と思い、午前中10時~12時過ぎくらいまでのプログラムに申し込みました。

男の子なので、外遊びも一緒にできたほうがいいなと思い、公園で、身体を動かしながら学べるコースを選びました。1グループ7~8名くらいの少人数制で、ネイティブの先生3名がつくものです。比較的手厚い印象でしたね。

 

特に幼稚園クラスは、日本人のスタッフも多少サポートをしてくれていました。カリキュラムは事前に確認でき、大まかな流れはある程度しっかり決まっていました。

自己紹介をした後、走ったり鬼ごっこしたり、少し体を慣らした後は、広場にシートをしいて、飽きないように、ゲームなどのアクティビティを進めていきました。

 

children-419432_1920

 

-お子さんたちはすんなり参加できましたか?

 

そうですね、比較的いつでも1人で何でもやりたがる長男は、果敢に挑んでいました笑。次男は最初ちょっと躊躇していたのですが、お友達と一緒だったこともあり、だんだんとなじんでいったイメージです。最初、泣いてしまってどうしても行きたくない!というお子さんもいたんです。小さいうちは、やはりまず環境に溶け込めるかどうかで参加した成果も違いますから、そこはよく見極めないといけないと思いました。

 

我が家は、目的もあり、英語もやっていたので、心構えを子どもたちに伝えられていたこともあり、良かったのではないでしょうか。

何の前触れもなく預けてしまった場合、言葉が通じないところなので、子どもの性格によっては合わないこともあるかもしれません。性格的に1人だとハードルが高いかな、という場合はお友達と一緒の方がいい場合もあるな、と感じました。

 

参加者の英語レベルはさまざま。スタッフの盛り上げがスムーズにいくかどうかの鍵?!

 

-参加されていた他のお子さんは皆さん英語レベルとしてどんな感じでしたか?

 

幼稚園クラスはかなりバラバラだったように思います。インターナショナルスクールに通っている子もいましたが、多少慣れている子、まったく話せない子とさまざまで、そのレベル感の違いに、先生たちがどこまで対応できるのかな、と思ってみていました。ただ、幼稚園生は、言葉の違いを遊びの楽しさが超えていくと思います。慣れてくると、雰囲気で遊べるので、慣れさせるのにはいいかなと思います。

 

一方の小学生は、1~5年生までが一緒に参加したのですが、英語が初めて、という子はあまりいなく、基本的には英語が話せる、もしくは何回も参加しているから慣れている、という子が多かったです。スタッフも、盛り上げるように雰囲気作りをしていたので、うちの子は分からないながらに楽しく参加していました。

 

-このプログラムの中でよかった点はどんなところでしょう?

 

幼稚園クラスでは、英語の雰囲気に慣れることができたことでしょうか。英語というよりは、英語のコミュニケーションや、外国人の先生との距離感を楽しみながら味わえたので、十分価値があるなと感じました。

小学生になると、やはり「英語」を話してみたい!という意欲が沸いたことは大きな収穫でした。「一緒に参加している子が英語で話しかけてきたんだ、どう答えたらよかったんだろう?」「他の子が回答していたのを聞いて、ぼくもしゃべってみた、そしたら通じたんだよ。」そんな報告があって、それは嬉しかったですね。

 

英語教室では、どうしても決められた言葉や、そのときのテキストに沿った英語になりがちです。生の英語に触れ、正解も何もない会話ができる環境という意味では、いいと思います。長男は終了後、「こうやって質問したいんだけど、どうきけばいいの?」なんて聞いてきたりして、意識も高まってきた気がします。

 

children-1879907_1920

 

 

短い時間だったものの、「雰囲気に慣れる」「生きた英語に触れ、コミュニケーションできる喜びを知る」機会としてはいいきっかけになったと答えてくれたOさん。

大事なのは、やはり子どもたちが楽しめるためにも、事前に「こういう場所にいくよ」「こんなこと質問できたらいいね」「名前だけはいえるようにしようよ」などと、予習したりしつつ、意識作りだけはしておいてあげることかな、と最後に話してくださいました。

 

たくさんのスクールがこういった英語デイキャンプを企画していますので、お子さんの性格や、英語のレベル感によって、何が一番合いそうか、そこだけは事前に見極めて参加するといいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

無料会員登録の後、アカウントを登録してから無料体験レッスンをお楽しみください。
なお、メールアドレスで会員登録する場合は、パスワードはご自分で自由にご設定ください。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。

ここからはレッスン提供をしている
QQイングリッシュのサイトに移動します。

※TalkingTimeは(株)学研プラスとQQイングリッシュの共同事業です。