学研のオンライン英会話TalkingTime中学コース > 英語&教育ニュース > ハワイの英語生活&英語事情 第13回 ハワイの図書館に行こう!

ハワイの英語生活&英語事情 第13回 ハワイの図書館に行こう!

  • Facebookでシェア
  • LINEで送る

短期滞在者も会員になれるハワイ州立図書館

ALOHA! ホノルル在住の森出じゅんです。

アメリカでは公営の図書館が充実しており、ハワイ州にも50もの図書館があります。たとえばホノルルのあるオアフ島にも、24か所の州立図書館が。ハワイへの親子留学を考えていらっしゃる方もいるかと思いますが、たとえ数週間の短期留学でも、ぜひ図書館を多用していただきたいところです。

というのはハワイの州立図書館は観光客でも会員になれ、日本語&英語の本、さらにはDVDまで借りることができます。これを利用しない手はありませんね。ワイキキからほど近いカパフル地区にも図書館がありますが、私のおすすめはハワイ州図書館の総本山ともいうべき、ホノルル・ダウンタウンの図書館です。

こちらは観光名所のカメハメハ大王像のはす向かい、そしてイオラニ宮殿の隣にあり、ロケーションも抜群。ハワイ最大の図書館で、子供向け、ティーンエイジャー向け、そして日本語をはじめ外国語の書籍、ハワイ&太平洋関連書籍のコーナーなど膨大なコレクションを誇ります。雑誌や新聞も、もちろん無料で閲覧可能です。

会員カード申請のための必要書類は?

観光客向け会員カードを申請する場合、必要なのは写真付きの身分証明書、日本の住所が記載された書類、ホテルやコンドミニアムなどハワイでの滞在先住所の3点です。まず写真付きの身分証明書とは、パスポートや運転免許証など。上記のホノルル・ダウンタウンの図書館には日中、日本語を話すスタッフが常駐しており、日本語の身分証明書で問題ないそうです。

2点目の日本の住所が記載された書類も日本語でよく、電力会社、市役所、郵便局など公的機関から送付された書類や封書などがあればOKです(名前と住所、両方の記載があるものをご用意ください)。一方、ハワイでのホテルやコンドの住所については、いつからいつまでその住所に滞在するかを書き込むことになります。住所を証明する書類は必要ありません。

以上の申込書に加え、3カ月有効のカードなら$10、5年間有効のカードなら$25の手数料がかかりますが、会員になった暁には書籍の借り出しは無料。DVDについては$1でレンタルが可能です。また新聞・雑誌については図書館内で自由に閲覧できます。

ちなみに、私がおすすめするホノルル・ダウンタウンの図書館はハワイ最大なのに加え、オープンエアの学習スペースがふんだんに設けられているのも嬉しいところ。緑の中庭を眺めながら読書するのも、なかなか気持ちいいものです。ぜひ会員カードを作って、ハワイの図書館を最大限に楽しんでみてくださいね。

【ハワイ州立図書館、ホノルル・ダウンタウン本館】

住所:478 S. King Street, Honolulu, HI96813 ワイキキから市バスで約20分

電話番号:808-586-3500

休館日:日曜・祝日

ウェブサイト: https://www.librarieshawaii.org/

 

【著者プロフィール】

森出じゅん

横浜出身。日本で業界紙記者→フリーライターとして活動した後、ハワイに引っ越し。ホノルルで現在の夫と出会い、結婚。今年21歳になった息子と19歳の娘を持つ母親でもある。現在、書籍のほか日本のフラ雑誌、ハワイ専門誌などに執筆中。英語&ハワイ語辞書を片手に、ハワイからニュースを発信している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Talking Timeの最新情報をお届けします

この記事のキーワード

関連記事

人気記事ランキング

カテゴリ