今、オンライン英会話を
始める理由

知っていますか?

2020年英語教育大きく変わります。

「英語教育改革」により、英語によるコミュニケーション能力がこれまで以上に重視されます。

中学・高校の英語授業は
オールイングリッシュ基本に。
学習する単語数も大幅に増加。

センター試験が廃止され、
スピーキング・コミュニケーション
問われる外部試験が導入されます。

下矢印

「学び」の専門家である学研が、
英語を存分に話せる場」として
オンライン英会話サービスを提供します。

学研のオンライン英会話が
選ばれる3つの理由

「学びの専門家」

学研品質のレッスン

イメージ写真

中学生向け参考書シェアNo.1※1を誇る学研が、カリキュラムやレッスン構成、テキストを開発。

×

授業の理解に直結する

学習指導要領対応

イメージ写真

中1~3で学習する重要文型を「話して」マスターできます。学習指導要領対応だから、学校での授業の理解が深まります。

×

学研保証の教師陣

イメージ写真

教師全員がTESOL※2を取得。「教えるプロ」がみなさんの「わかった!」「話せた!」を増やすため、分かりやすく・楽しくレッスンします。

  • ※1 2015年4月~2016年5月 大手販売会社データによる
  • ※2 TESOLとは、英語を母語としない人に指導するための英語教授法。教師全員に資格取得を義務づけている。

カリキュラムや
テキストの特長

学年ごとに「使える英語」が
広がるカリキュラム。

専用テキストで、みるみる話せるようになる!

Talking Timeテキストブック

学研のオンライン英会話

Talking Time
中学コース1 / 2 / 3
ー CDつき ー

イラスト:講師

中学英語を話しながら身につけられる、オンライン英会話連動テキスト。重要文型や単語、使える英語の土台となる発音のポイントを会話で丁寧に学べる。CDつき。(本体:各1500円<税抜・送料別>)

テキスト中面

テキストの3つの特長

  • 1学習指導要領対応だから授業に直結!「話したこと」が学校の勉強にそのまま役立ちます。
  • 2すぐに使える英文が満載!リアルな表現がみるみる身につきます。
  • 3チェック問題・音声CDつき!「書く力」・「聞く力」もしっかりサポート!
学研の
オンライン英会話

Talking Time
対象
学年
文 法 達成レベル
中学
コース1(全24回)
中1 あいさつ、be動詞、一般動詞、命令形、3人称単数現在、いろいろな疑問詞(who, whose, when, where)、現在進行形、canの文、過去形など 英検5級合格レベル
中学
コース2(全24回)
中2 was、wereの文、過去進行形、未来のwill・be going to~、いろいろな文(look, showなどの使い方)、to+動詞の原形、動名詞、助動詞(have to~, should)、接続詞(if, when, that)、比較など 英検4級合格レベル
中学
コース3(全24回)
中3 受け身の文、現在完了の文(継続・経験・完了)、いろいろなto+動詞の原形(be surprised to~, It’s … to ~.など)、関係代名詞(主格・目的格)など 英検3級合格レベル
表紙:中学英語Web講座 Starter
中面:中学英語Web講座 Starter

英語が苦手なキミには

しゃべって身につく
中学英語Web講座 Starter

オンライン英会話の入門コース(全24回)はこのテキストで。自分のことがどんどん話せるようになる英文が満載!

予習復習に役立つ解説動画付き

大人気英会話コーチ山田先生監修だから
「話せる英語」が身につく

写真:山田先生

英会話コーチ
山田暢彦先生

経歴

英会話コーチ、翻訳家。
1980年アメリカ・ニュージャージー州生まれ。「使える英語」をモットーに英会話教室を開き、小学生から英語講師まで幅広い受講者を持つ。
TOEIC連続満点、国連英検特A級、英検1級。

山田先生から一言

この「学研のオンライン英会話 Talking Time中学コース」では、学んだことを「話し」、自分のことを自分のことばで「伝える」力がみるみる身につきます。この積み重ねによって、実用にも受験にも耐え得る本物の英語力が養われます。本コースが皆さんの「話す力」を引きのばす強力なサポーターになれることを、心から願っています。

山田先生監修、人気の参考書の一部

表紙:ひとつひとつわかりやすく。中1/中2/中3

ひとつひとつわかりやすく。
中1/中2/中3

表紙:山田暢彦先生の英語 中1/中2/中3

山田暢彦先生の英語
基本文型マスター

実際のレッスンを
覗いてみよう!

キミの目的に合わせて
活用しよう!